海外のFX業者を選ぶポイント

FXは2つの国の通貨の価格差を利用して稼ぐ仕組みで、国内だけでなく海外の業者もあります。業者を選ぶときはレバレッジが高いと少ない資金から始めやすく、当たれば一獲千金も狙えて効果的です。国内の業者は基本的に最大で25倍までで、今後は10倍に制限されることが予定されています。また、取引方式はDD方式のため約定までにかかる時間が長く、間にディーラーがいて操作されるため大きく儲けることが難しいです。FXといえば為替変動リスクがあり下がれば強制ロスカットもあり、国内の業者は口座残高不足になれば追証として請求されます。ただし、海外の業者は追証なしでゼロカットシステムを採用し、レバレッジが高くNDD方式で約定スピードが早いなど国内にはないメリットもあります。このため、視野を広げると最適な業者を探すきっかけにになり、トレードスタイルに合わせて決めると効果的です。

海外の業者といえばマイナーな国に本社があり、金融ライセンスがなく無許可で営業するため推奨されない傾向があります。しかし、レバレッジが高く一獲千金を狙えることや、追証なしのため入金額以外の損失を防げることがメリットです。国内の業者と違う点はやはり英語が使えないと利用しにくいことや、スプレッドが広く取引コストがかかります。スプレッドはECN口座にすると狭くなりますが、新規口座開設や入金などで付与されるボーナスがないなど制限があるもののスキャルピングトレードをしやすいことが特徴です。海外の業者は資金管理の仕方を確かめ、金融ライセンスがないと無許可で信託保全がないと倒産した場合に資金が戻ってこないなどリスクもあります。

海外のFX業者を選ぶときはスプレッドやレバレッジだけでなく、実績や資金管理の方法などを確かめてから決めることがポイントです。国内の業者は資金管理の方法が信託保全で金融ライセンスを取得し、安全性が高いですが入金額を超える損失をする場合もあります。FXは多くの業者がありどのように選ぶか迷いますが、トレードスタイルに合わせて決めたいものです。海外の業者は新規口座開設でボーナスを付与され、元手にトレードをして利益を出せば出金もできます。このため、使い心地を確かめてから選ぶとリスクを避け、ハイレバレッジトレードを経験すると選びやすいです。FXをするときは近年の経済状況は大きく変わりやすく、最新の情報を確かめてから業者を選ばないといけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする