投資のメリット・デメリット

投資にはメリットとデメリットがあります。

●メリット
・生活にゆとりが生まれる
年金受給年齢が上がり、老後に年金がもらえるのか不安を抱えている方もいることでしょう。今後どうなるかわからないので、自分で老後の資金を用意しておくことが、安心して老後を過ごすために大切なことだといえそうです。
投資は老後に備えた資金の準備になります。賢く資産運用をすれば少しずつ資金がたまっていき、資金があると思えば生活にゆとりが生まれ、安心感を得られます。

・忙しい人でもできる
株式投資や投資信託など投資にもいろいろな形があり、自分で資産運用するものもあれば、専門家に任せられるものもあります。
専門家に任せる方法なら、忙しい人でも投資ができます。株式投資などは常に株価の変動をチェックする必要があり、時間がないと行うことは難しいです。しかし、専門家に任せれば自分で常に価格変動など気にする必要はなく、時間がなくても気軽に投資を始められます。

・大きな資金は不要
投資信託なら数千円から始めることができます。たとえ数千円の投資でも、何年もすれば大きな額になっていきます。一般的なサラリーマンでも投資は可能です。
投資金額が大きいほど利益は期待できますが、同時にリスクも大きくなります。一方、低額の投資なら利益はそれほど大きくないかもしれませんが、リスクは少ないです。
少ない金額から安心して始められます。

・政治や経済を意識するようになる
資産の運用は政治や経済と密接にかかわっています。たとえば株式投資の場合、世界情勢が悪化をすれば株価が暴落することがあります。
上手に資産運用するためには、世界の動向がどうなっているのか常にチェックすることが大切です。そのため、自然と政治や経済を意識するようになります。

●デメリット
・コストがかかる
プロに任せて資産運用をすることには、専門的知識がなくても投資できるというメリットがある一方、コストがかかるというデメリットもあります。プロに任せるための運用管理費などが必要になります。

・値下がりリスク
株式投資の場合、急に株価が下がることがあります。企業の業績悪化や世界情勢の悪化などが株価暴落の要因です。どんなに注意して株価を気にしていても、いつ何があるかわかりません。急激に株価が下がり、売却のタイミングを逃せば、大きな損をしてしまうことになります。
損をしないためには、資産を分散させるなどの対策が必要です。